お問い合わせフォーム 蒲鉾道場のお申し込みもこちら!

安田蒲鉾

〒910-0837
福井市高柳1-2512
TEL(0776)53-2251

かまぼこができるまで

安田蒲鉾が守り続けてきた老舗の味。
新鮮な原材料から、美味しいかまぼこができあがるまでの流れをご紹介。

トップページ > かまぼこ情報館 > かまぼこができるまで

1 擂潰(らいかい)

すり身に調味料などを入れ、よく混ぜます。

2 すり身

よく調合されたすり身。かまぼこや揚げ物、ちくわでそれぞれ違う調合となります。

3 上身入れ・下身入れ

赤カマボコでも白カマボコ、焼きカマボコでも、すり身は上身と下身とが別々の口金から出てきて一体となります。

4 身の切断

連続して放出されるすり身は、コンベア上に敷き詰められた製品サイズの板の上に乗って移動し、 製品サイズ毎にカットされます。板も切っているのか? とよく聞かれますが、板ははじめから製品サイズになっています。

5 ジュール

加熱前の板上のすり身に電気を通し、身をすわらせます。この工程によって形が崩れにくくなるのです。板と身との隙間の『す』を抜く作業です。

6 天張り

セロハンを身の上に張り、表面の乾燥を防ぎます。また、わざとしわを寄せて見栄えをよくします。「蒸し蒲鉾(赤、白)」の工程で、「焼き蒲鉾」には天張りはありません。

7 加熱のための整列

蒸し機での加熱の前に、蒲鉾たちを整列させます。

8 身の据わらせ

上下からガス火で熱し、再度身をすわらせます。

9 完成!

  • お問い合わせフォーム
このページのトップへ